Top > シナモンとは

シナモンとは


シナモンスティック(50g)

 

シナモンは、お菓子の風味付けからコーヒーの香り付けまで身近なところでよく使われているので目にする機会も多いのではないかと思います。このような香り付けに使われる、シナモンスティックは、シナモンの木の若い小枝の内側の樹皮です。

確かにシナモンスティックを見ていると樹皮だと実感することができますが、樹皮を香り付けに用いるというのはなんだか不思議な気持ちになります。

シナモンを使ったお菓子でまず思い浮かべるのは何でしょう。洋菓子ならアップルパイや焼りんごなどのりんご系のお菓子、和菓子ならやっぱり八つ橋ではないかと思います。

そして飲み物ならカプチーノでしょうか?カプチーノは必ずしもシナモンを加えるわけではありませんが、カプチーノにシナモンスティックというイメージが思い浮かびます。

実際にシナモンパウダーなどを舐めてみると、甘みはなく、苦味を感じるんですが、甘いお菓子の香りとして思い浮かぶシナモンはなんだか甘いんじゃないかなーというイメージですね。だからお菓子を作ったり、コーヒーなどに加える時、多く入れた方が甘くなりそうな気がして多く入れそうになってしまうんですけれど、味を考えると、風味がつく程度に抑えないといけないです。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
シナモンとは(2009年7月18日)
シナモン精油(2009年7月18日)
シナモン精油の使い方(2009年7月18日)
シナモンのレシピ(2009年7月18日)